ページトップへ

住宅と健康についてのよくある質問

自然素材を使った健康志向の住宅〜シックハウス症候群や化学物質過敏症について

昔に比べてシックハウス症候群や化学物質過敏症という言葉が広く知られるようになってきました。

そのためお家を建てるときに小さなお子様や家族の健康を考えて、漆喰(しっくい)や珪藻土、無垢材などの自然素材を使った家造りや健康志向の住宅を希望する方が増えています。

しかし希望の通りに健康に配慮した家を建てても「なぜか体調が悪い。」とおっしゃる方もいます。

 

その理由となる可能性があることを考えてみましょう。

 

家具、カーテンなど、家の外から持ち込んだものや新築に合わせて新たに購入した商品ににVOC(揮発性有機化合物)が含まれていることがあります。

 

せっかく自然素材などを使用して健康に配慮した家を建てても、シックハウス症候群や化学物質過敏症の症状が出る要因となる化学物質をお家の中に持ち込めば同じ事なのです。

新たに購入した家具やカーテンからVOC(揮発性有機化合物)が室内で発散されれば、シックハウスの症状が出る可能性があるわけです。

 

私達の生活は知らず知らずのうちにVOC(揮発性有機化合物)が室内に発散される商品に囲まれていることを意識しましょう。

 

誰しもがシックハウス症候群や化学物質過敏症になる可能性を持っているということです。

 

最近は家具でも使用されている建材の同じようにF☆☆☆☆(フォースター※ホルムアルデヒド等級で一番安全なもの)がついているものもあります。

家具などを購入する際にはどのような素材が使われているのかということを確認して購入することをおすすめします。

また化粧品や煙草、殺虫剤、芳香剤などの匂いで気分が悪くなってしまうケースも有るようです。

シックハウス症候群や化学物質過敏症になっていまうと日常生活に支障が出てしまうのでそうなる前に、おかしいな?と思った時にはすぐに対応しましょう。

シックハウス症候群については保健所にも相談窓口があるようですし、室内空気のVOC(揮発性有機化合物)の測定なども有料で行なってくれるようです。

 

 

工務店や住宅会社も自然素材や健康志向の住宅を意識している会社が増えていますが、内壁に使う漆喰(しっくい)に混ざり物があったり、適切に建材を施工できていないなど本来の建材の良さを発揮できていない場合もあります。

 

本当に自然素材を使った健康志向のお家を建てられる工務店、住宅会社なのかということを建てる側も勉強しておかなければいけませんね。

住宅と健康についてのよくある質問