ページトップへ

土地についてのよくある質問

土地の選び方について

新築で注文住宅を建てるために土地を探しているけど「なかなか土地を決め切れない。」という方は多いようです。

そういった方の多くは土地を探して入るが「もっといい土地が見つかるのでは」と考えていらっしゃるのではないのでしょうか?

土地は『探し』始めるとなかなか先に進めません。

 

土地探しの条件として「南面道路」は人気があります。

 

この南面道路を希望条件として土地を探すとなかなか「南向きのいい土地」が見つからないといって決まらない人もいるようです。

 

実際のところは人気のある良い条件の土地は流通に乗らないという事もあります。

 

それは何故でしょうか?

 

それは、人気があったり、条件のいい土地物件はお客様に情報を見せる前に一早く不動産業者が自らおさえてしまうことがあります。

不動産業者は自ら物件をおさえる理由はその土地物件に建売住宅を建てたり、建築条件付にして販売するからです。

その方が土地の仲介をするだけよりも不動産業者も利益を得られるからです。

 

不動産業者も条件の良い物件はおさえる、そんな状況下でもようやく南面側道路の物件情報を手にし、土地を見に行ってもあまり気乗りがせず、まだ他の土地を探そうとする人も少なくありません。

そして家造りのタイミングを逃してしまう方もいらっしゃいます。。

 

 

重要なポイントは、土地は『探す』のではなく『選ぶ』ことが大切なのです!

今、不動産市場に出ている限りある土地物件の中から自分や家族が一番満足できる土地物件はどれだろうと考えることです。

「他にもまだいい物件が出てくるのではないか?」という考え方は新築の家造りを長引かせる理由の1つになります。

 

確かに拘りたい「立地」や「広さ」などの条件はあると思います。

その中で優先順位の高い条件とそうでない、妥協できる条件があるはずです。

一番大切な条件は何なのかということを家族できちんと話し合って決めておきましょう。一番大切な条件だけを考えて不動産市場に出ている土地物件の中から土地を選択することはさほど難しくないのかもしれません。

 

 例えば、「立地」なのか「広さ」なのか「価格」なのか・・・。

ここにこだわりたい!というポイントがみつかれば、土地を選ぶのもそんなに難しいことではなくなります。

 

また前述にもありますが、好条件の土地は不動産業者が抑えてしまうことがありますが、不動産業者と蜜に連絡を取っていれば、他のお客様より先に教えてくれることもあります。

 

昔から「住めば都」という言葉がありますが、新築でお家を建てる場合はどこに住むかということよりも、どのような家を建てて満足できる暮らしができるかだと思います。

土地についてのよくある質問