ページトップへ

お金に関することについてのよくある質問

住宅ローン借入と生命保険の見直し

住宅ローンの借入をする際には通常、団体信用生命保険(通称:団信)に加入することになります。

この団体信用生命保険に入っておけば、住宅ローンの借入者に万が一の事があったら住宅ローンの残額は団体信用生命保険で支払われ、完済ということになります。

つまり残された家族はずっとその家に住み続けることができるということです。

 

「万が一の場合、残された家族のために・・・。」と入っていた生命保険も団体信用生命保険に入ってからは保険金額や保証内容を見直すことができるのですということです。

 

「なぜ今の生命保険に入っているのか?」という質問に、

「知り合いに保険の外交をしている人がいて付き合いで。」

という人がよくいらっしゃいます。

言いなりになっていて、損をしている部分も多くあるのが実態なのです。

 

生命保険で受ける必要な補償としては住居費・生活費・教育費を考えて加入しますよね?ですが、住宅ローン借入し団体信用生命保険に加入すると、生命保険の補償から住居費を差し引いて考えることが可能になります。

 

(ただし、固定資産税やメンテナンス費用など必要な費用については考えておきましょう。)

 

したがって、団信に加入することで、今までの生命保険で、本当に必要な補償だけを残してプランの変更をすることができるので、保険料を少なく抑える事ができるという事なのです。

 

また、団信の保険金は万が一のときに備えて、住宅ローンの残債のみを返済するように考えられているので、保険料も安くなっています。

したがって、今入っている生命保険を見直して保険料が安くなると、家計における保険料を減らすことができるというわけなのです。

 

損をしない為にも、住宅ローンの借入後に今入っている生命保険を見直しをするいい機会ということです。

生命保険の組み方を変える時も、ファイナンシャルプランナーなどプロに相談して行うと、さらに無駄がなくなって良いと思われます。

お金に関することについてのよくある質問